より働きやすい環境を提供するために
株式会社メディカル・プリンシプル社の民間医局
民間医局を徹底解説!

より働きやすい環境を提供するために

最近では、医師不足による医師の働きすぎも問題になっていると言います。

人出不足により勤務シフトに無理が生じているので、夜勤をこなした後の医師が、仮眠をとることもなくそのまま診療室へ入って診察をするという自体は、患者にとっても医師自身にとっても深刻な問題であることに間違いはありません。

医師という職業は、その他の職業に比べて少々特殊な一面を持っています。

それは、人の命にかかわっているということです。

少し前までは、医師は絶対の信頼できる存在で神様ででもあるかのように考えている人々もたくさんいました。

今でも、僻地の医師に対する人々の態度には同じようなものがあるかもしれません。

しかし、最近では、病気がよくならなかったり手術がうまくいかなかったりすると、すぐに医師のせいにして訴訟問題を起こすというケースも数多く見られます。

この状況は、医師にとってものすごいストレスとなって襲いかかっていることでしょう。

しかし、医師だって生身の人間であることに違いはありません。

疲れも感じるし、体調を崩すことだってあります。

それなのに、この医師不足による無茶な勤務状態と、のしかかる膨大なストレスは、とても生身の人間にとって耐えられるはずがありません。

いくら医師だからと言って、24時間365日を働きっぱなしというわけにはいかないのです。

ですから、医師のような忙しく大変な職業の方にこそ、息抜きはとても重要な役割をしめています。

民間医局では、現代の医師たちの生活に少しでも潤いを与えるための充実した福利厚生サービスも用意しています。

福利厚生サービス「Doctor's Life」では、登録会員に限り、会員制のホテルを優待価格において利用することができます。

また、映画やカラオケの利用価格が割引になるなど日常的なサービスを受けることもできるのです。

日頃のストレスをうまく発散させることで、明日の仕事への活力が生まれます。

それは、一般企業のサラリーマンも医師も変わりません。

民間医局は、医師たちが健全な生活を送ることができるようにサポートしています。