働く女性医師のために
株式会社メディカル・プリンシプル社の民間医局
民間医局を徹底解説!

働く女性医師のために

近年の女性の社会進出はとどまるところを知りません。

仕事に出る妻の代わりに家事を一手に引き受ける「専業主夫」、育児を積極的に行う「育メン」などという言葉が生まれるほど、仕事に関しての男女の役割の垣根は低くなっています。

それなのに、職場の体制は、まだまだ女性に優しいとは言いがたいのではないでしょうか。

いくら出産休暇・育児休暇が法律的に認められているとは言っても、出産・育児を終えた女性が仕事に復帰する時、嫌な顔を隠しきれない企業も多いと聞いています。

また、男性の育児休暇も話題にはなっていますが、まだまだ一般的なものだということはできません。

就職・転職の面接の際に子供がいるとわかれば、仕事に集中できないこと・時間に自由が効かないことなどを理由に選考を外されるというケースもまだまだ多いようです。

一般企業においてもそうなのですから、医師という特殊な職業で、しかもハードで不規則な労働環境の中では、女性医師がどんなに大変な苦労をしているかは想像が付きます。

どんなに女性の社会進出が進んでも、妊娠・出産は女性にしかできない仕事であるため、負担は免れません。

出産・育児を経験した女性医師の中には、仕事に復帰していと思っている人も多くいるはずです。

その女性医師たちが、安心して働く環境を整えることさえできれば、貴重な人材を埋もれさせてしまうこともなく、現代の医師不足の解消にもつながって行くのではないでしょうか。

民間医局では,そんな女性医師たちのサポートも行っています。

そんな女性がさらなるキャリアアップができるように、専門のエージェントが色々な相談に乗り、よりよい選択を提案してくれるのです。

結婚・出産・育児・夫の転勤・親の介護など、仕事を続けて行くのに困難となる事情には様々なものがあります。

しかし、まだ諦めるのは早すぎます。

エージェントに相談のうえ、仕事を続ける、育児後に復職するなど、希望の方針について情報を提供し、親身になって相談に乗ってくれる民間医局の女性サポートをぜひ利用してみてください。

医師の求人:e-iryou.net