民間医局による各種保険
株式会社メディカル・プリンシプル社の民間医局
民間医局を徹底解説!

民間医局による各種保険

医師という職業は、命に携わる分多くの人から尊敬され、頼りにされることの多い職業ですが、その分大きな危険とリスクを抱えている職業でもあります。

医療過誤を恐れて、患者に難しい手術を勧めることを控えたりためらったりする医者も多いと言います。

また、医師だって生身の人間であることに違いはありませんから、他の職業同様、医師自身が病気やけがで働けなくなってしまうという可能性だってあります。

そんなこと早々起こらない、とおっしゃる方もいるかもしれませんが、「もしも」に備えておくことはとても重要です。

何事も、起こってからでは対応が難しいのです。

「備えあれば憂いなし」とはよくいったものです。

「もしも」が起こったらどうしよう、とびくびくしながら日々の仕事をこなすのではたまりません。

「もしも」にあらかじめ備えておくことで、のびのびと働くことができ、最善の治療を行うことが可能となるのです。

しかし、医師の職務内容は特殊なものなので、一般の保険では対応することができない部分も色々あります。

そこで、民間医療がお勧めしているのが、民間医局の登録会員だけが特別条件で加入することができる保険なのです。

その保険のひとつに、医療の場においての「もしも」に備える「医師賠償責任保険」というものがあります。

医師賠償責任保険に加入していれば、医療過誤などで賠償責任が生じた際、多額の賠償金を支払う命令が下った時も、慌てることなく対応することができます。

医療訴訟が年々増加する今、どの医師にとっても訴訟問題は人ごとではなく、いつ自分の身に降りかかるかわからないくらい身近な問題です。

保険に入っておいて損はないはずです。

また、医師自身が何らかの理由で働けなくなると、一般のサラリーマン同様収入が入らなくなるので、たちまちに困ることとなってしまいます。

そんな時に役に立つのが民間医局の「団体長期取得障害保証保険」です。

ハードでリスクの高い職業だからこそ必要となる、医師という職業についてよく知る民間医局ならではの充実の補償内容です。